IDEA

kokageは、香芝で古くから大工工務店を営んでいる株式会社仲山工務店設計事務所が展開する
住宅ブランドです。このページでは、kokageというブランドに込められた想いをご紹介します。

Brand Concept

ブランドコンセプト

「人の生きるを設計する工務店」

それは「地域のデザイン」「地域の人の関わりのデザイン」「住まいと暮らしのデザイン」
「豊かさのデザイン」「生き方のデザイン」「手仕事のリブランディング」をそれぞれ定義して、
それに纏わる取り組みを日々考え、実践していく姿勢を持ちます。

HISTORY

kokageの由来

kokage 仲山工務店設計事務所のロゴ

「木陰でホッと一息つくような、
そんな暮らしを。」

kokage=木陰
木陰は、忙しい喧騒の中でほんのひと時かもしれないけれど、私たちに癒しを与えてくれます。
仕事も子育てもやらないといけないことはたくさんあるし、けれど自分の気持ちに素直になりたい時だってある。それに、そんな忙しい日々を普段は上手くこなしていても、どうも上手くいかない時もある。そんな時に、「ホッと一息つく」ことを忘れないでほしい。そんな想いからこの名前をつけました。

家づくりは、人の人生に木陰をつくるようなものだと考えています。
暑さや寒さをしのぐこと、自分らしくいれる場所があること、自然を感じて癒されること。
ちょっと気持ちが楽になれば、毎日を楽しむアイデアがもっと出てくるかもしれない。

そんな住まいと、暮らしをあなたに提供したいのです。

LIFE & HOUSE

家づくりって?

「家づくりは、ただ家を建てることだけじゃない」

「人生設計」「今と未来の暮らし方」「繋がり」の3つをバランスを取りながら、
家族の将来を考えることも家づくりの中の大切な項目です。

人生設計

どんな風にこれから働いていきたいか、どんな家庭にして、どんな風に子ども達に育っていってほしいか、老後の暮らしは夫婦二人でどうしていきたいかなどをしっかり考えてみることも大切です。

今と未来の暮らし方

家を建てる時、子どもが小さいことを優先してしまいがちですが、案外子どもは早く育つもの。子どもが育ち巣立っていくと、暮らし方や時間の使い方が変わるものです。長い目で暮らし方を考えてプランすることをおすすめします。

繋がり

家は地域の中に建つものです。地域の繋がりは、景色であり、人の繋がりであり、子どもの安全であり、地域の魅力になります。家がそれらにどう役立てるのかを考えて私たちがしっかりと提案させていただきます。

家づくりの中の大切な項目イラスト
OUR VIEW

kokageの考え

「心の豊かさをつくる」

kokageが家づくりを通して大切にしているのは、「心の豊かさ」をつくるということです。家族や自分自身の心が満たされれば、これからの未来の生き方の選択肢も自然と増やしていけるような環境が生まれる。子どもが小さな時から、たくさんの人や、たくさんの仕事、たくさんの経験ができるような地域になって、人も仕事も文化も未来へいい形で残していきたい。だからこそ、心の豊かさにとって大切な価値とは何かをkokageではこのように考えています。

kokageの考える心の豊かさにとって大切な価値 イラスト kokageの考える心の豊かさにとって大切な価値 イラスト

心の豊かさにする家とは

kokageが家づくりをどのように考えているか。それは、ご家族の一人一人が価値があると思うものに囲まれて暮らすことができるような家を建てなければいけないということ。価値があると感じるものに囲まれる暮らしは心の豊かさをつくってくれる。そうすれば心の余白もきちんと取れて、これからの家族の未来を何通りも思い描くことができるのではないかと考えています。

それをするためには…

変わらないもの イラスト
変わるもの イラスト

だからこそ、家づくりは
変わらないものにはきちんと費用をかけて、しっかりしたものをつくること
そして、変わっていくものは、将来を見据えた設計計画を立てたり、
家族のあり方を考えて家づくりをすることが大切になる。

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ