COLUMN

Y様邸 気密測定

2022年9月5日 現場ブログ全て

こんにちは!

奈良県香芝市にあるデザイン工務店

AND HOUSE 広報担当 西です。

 

当社では、新築では全棟気密測定を実施しています。

先日、Y 様邸の気密測定を行いました。

 

気密測定によって、『C値≒家のすき間の大きさを数値化したもの』がわかります💡

C値が低ければ低いほど良いです!

C値が低いということは隙間が少ない、つまり高気密住宅として性能が高いということになります。

 

気密性の高い住宅は、安定した温度を保つことができ、年中快適に過ごせます。

よく耳にする断熱性能も、気密性能が伴ってこそ最大の力が発揮されます。

性能を数値で確認しながら家づくりを進められるのは、大きなポイントですね✨

 

当社では、C値0.5以下が標準仕様です。

 

さてさて、Y様邸の相当隙間面積(C値)は・・・

0.17㎠/㎡ でした!

(※床面積1㎡に対し隙間がどれくらいあるかを表した数値)

 

また、総相当隙間面積の測定結果は・・・

23㎠でした!

(※総相当隙間面積:建物全体の隙間を一ヶ所に集めた時の面積

建物全ての隙間を合わせたら、4.7㎝角の正方形サイズに相当)

 

 

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

またレポートします📝

 

 

>> kokageの体験型モデルハウスのコンセプト

>>    kokageの家づくりのコンセプト

PICK UP
2020年5月29日 家づくりのこと全て
吹き抜けの掃除は大変?便利なグッズや掃除方法をご紹介

奈良のkokageの家づくりのこだわりは、自然光で明るくゆったりとした暮らしがおくれる、大きな窓を吹き抜けのあるリビング。高い天井で開放感があり、ここちよい自然光と風につつまれて、お茶を飲んだり読書をしたり家族でのんびりした時間を過ごせます…

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ