COLUMN

共働き夫婦の7つの悩みを解消!住まいのアイディア集

2020年3月14日 家づくりのこと全て

仕事に家事に育児にと、毎日忙しい共働き夫婦。そんななかでも、さまざまな工夫でゆとりある時間や子どもとの会話を増やそうとされていることと思います。家づくりの際にも、間取りや設備の工夫で、家事を楽にしたり家族のコミュニケーションを増やしたりすることができます。今回は、「家事が大変」「子どもとの時間やひとりの時間がなかなかとれない」などの共働きにありがちな7つの悩みを解消するための、住まいのアイディアをご紹介します。

毎日の家事にまつわる悩み

まずは、忙しい共働き夫婦の家事にまつわる悩みを解消する住まいの工夫を見ていきましょう。家事の悩みを解消することで、時間にも心にもゆとりが生まれます。

悩み1|とにかく家事に追われてしまう

まずは仕事から帰ってから家事をこなすために座る暇もない、朝の時間にバタバタしてしまうなどの悩み。家事の効率化は、ゆとりある生活のためのキモとなります。

例えば洗濯の動線は、入浴時に脱いだものを洗濯し、干して収納するまでの一連の流れを一つの場所にまとめると時間の短縮に。洗面所とキッチンを横並びにすると、「朝ごはんをつくる合間に洗濯を終わらせる」などの同時進行もスムーズになります。お掃除ロボットや洗濯乾燥機を使う予定があるなら、使いやすい場所にすっきりしまえる収納場所を確保しましょう。

悩み2|家事の負担が妻に偏っている

「時短勤務の妻ばかりが家事をすることになってしまう」「自分ばかり家事の負担が重い」など、うまく家事シェアできないと不満が溜まってくるもの。1人ががんばるのではなく、家族みんなで家事に参加できるしくみづくりが大切です。

例えば、掃除道具や調理グッズがどこにあるかわかりにくいと、家事への参加がおっくうになってしまいます。わかりやすい収納を心がけることで、誰でも掃除や料理に手を出しやすくなります。コートの脱ぎっぱなしを防ぐために玄関横にクローゼットをつくったり、子どもが自分の持ち物を自分で管理できるロッカーをつくったりと、それぞれが自分のことは自分でできるような環境を整えることも有効です。

悩み3|平日に食材の買い出しが難しい

平日にこまめにスーパーに行けないなら、週末のまとめ買いが必須。しかし、大量の食材を保管する場所がなければ、まとめ買いは難しいですよね。買い置きをしたいなら、大きめのパントリーを設けましょう。

ただし大きすぎると今度は、賞味期限などの管理が大変に。家族にあわせたサイズ感が大切です。すぐに食べられる冷凍食品などをたくさんストックしておきたいなら、大きめの冷蔵庫をおけるスペースを確保します。

悩み4|仕事中に雨が降るかも?洗濯物がたまってしまう

思い切って晴天の日でも乾燥機を使って、干すという作業自体をなくしてしまう方法もあります。外に干すのをやめてしまえば、花粉対策にもなりますね。

干す作業はあまり気にならないなら、室内干しのスペースや、屋根つきのバルコニーなどを設けると、仕事中に雨が降るかもという心配がいりません。ハンガー収納にすれば、そのままクローゼットにしまえるので、たたむ手間が省けます。

家族の時間や子育てに関する悩み

仕事で忙しくても、子どもとの時間、家族との時間は大切にしたいものです。ゆとりをもって家族がお互いに支え合える家をつくりましょう。

悩み5|子どもとの時間がなかなかとれない

子どもが小さいうちは、遊ぶのも食べるのもLDK(リビング・ダイニング・キッチン)が生活の中心です。くつろぐスペース、食べるスペース、家事するスペース・・・それぞれのつながりを考えることで、親子で会話を交わす時間が増えるでしょう。

子どもがリビング学習できるワークスペースや、学校の道具やプリントを整理するコーナーをリビングに設けると、忙しくても子どもの育ちをしっかりサポートできます。週末には家の庭や畑で野菜を育てるなど、家族で共通の趣味をつくるのもおすすめです。

悩み6|学校の予定や習い事に悩まされる

子どもの描いた絵や写真を飾れるファミリーギャラリーは、子どもが大きくなったら伝言板としても使えます。学校の予定表や習い事のスケジュールをはったり、お互いにシェアしておきたい情報を書き込んだりできて便利です。学校から配られるプリントや提出書類は、家族みんなが見やすい場所で管理できるようにするのがおすすめです。

悩み7|1人でゆっくりできる時間がない

家族での時間も大切ですが、自分ひとりで心をリセットできる空間を設けるのも良いですね。家事室や書斎など、リビング以外に過ごせる場所をつくってみませんか。大人はもちろん、お子さんが少し大きくなってからも、好きな時間を過ごせる場所は役に立ちますよ。リビングの近くに設けると、家族の気配をほどよく感じながらひとり時間を楽しめます。

まとめ

マイホームを計画するときには、家族のライフスタイルや理想の暮らしに合わせて工夫することが大切です。どんな家でどんな暮らしがしたいのか、設計士や担当者に理想や夢をたくさん語ってみてください。

奈良県香芝市の住宅ブランドkokageでは、忙しい毎日に「ホッと一息」つくことができる、そんな自分らしく心豊かに暮らせる家づくりをおこなっています。

 

>> kokageの「心を豊かにする」家づくり

>> kokageのモデルハウス

 

PICK UP
2020年1月21日 家づくりのこと全て
のびのび子育て!子どもの力を伸ばす家とは?

kokageでは、家づくりを通して「心の豊かさ」を育てることを大切にしています。暮らしを充実させ、健康な心と体をはぐくむ家に。もちろん子育てまっただなかの暮らし方だけでなく、将来設計まで考えることも大切です。今回は、「子育て」に目をむけた、…

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ