COLUMN

LIXILショールーム見学~住まいstudio~ その①

2022年3月1日 現場ブログ全て

こんにちは!

仲山工務店設計事務所 広報担当 西です。

 

高気密高断熱が話題になり始めて久しい今日この頃。

『これからの家ってどんな家???』

そんな疑問に体感型でお答えできる場所があります!

それは・・・

LIXILのショールーム in 大阪市住之江区南港✨

こちらのショールームには「住まいstudio」があります。※完全予約制のため事前の予約必須

壁や窓の断熱性の違いを実際に体験できる「体験型ショールーム」です。

 

ポイントは3つ🌼

●住宅の断熱性能の違いによる冬の室内温度の感じ方

●年間にかかる光熱費の差

●一年を通して快適な暮らしを送るために必要なこと

 

ではでは早速見ていきましょう。

この扉からスタートです!ワクワク・・・💗

昭和55年というと、みなさんのご実家が該当するでしょうか。

扉を開くと・・・こんなお部屋が広がっていて、

いろんな箇所の温度を放射温度計で測りつつ、実際に触って体感していきます。

昔の家はやっぱり・・寒い!!窓もサッシも床も冷たく、部屋の隅はうっすら外気を感じるほど😨

 

このあと、今の家(平成28年仕様)、これからの家(高性能仕様)・・と、順番に体感していきます。

実際に触れることで、断熱性能による温度の違いを感じることができます。

▼各部屋の温度記録用紙▼

 

また、暖房している部屋の内と外での温度差にも大きな差が👀

昔の家ではなんと温度差 11℃!!

人は温度差が4℃を超えると不快に感じるそうなので、できる限り差を縮めたいところ。

以下の図の通り、『これからの家』では温度差がかなり小さくなっています。

 

どうしてこんなにも温度差に違いがでてくるの?

そもそも温度差が大きいとそんなに困るの?

 

そうですよね。気になりますよね。

その②に続きます!

 

 

>> kokageの体験型モデルハウスのコンセプト

>>    kokageの家づくりのコンセプト

 

PICK UP
2020年5月29日 家づくりのこと全て
吹き抜けの掃除は大変?便利なグッズや掃除方法をご紹介

奈良のkokageの家づくりのこだわりは、自然光で明るくゆったりとした暮らしがおくれる、大きな窓を吹き抜けのあるリビング。高い天井で開放感があり、ここちよい自然光と風につつまれて、お茶を飲んだり読書をしたり家族でのんびりした時間を過ごせます…

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ