COLUMN

【パッシブハウス➀】まずは設計の4つのポイントを抑えよう

2022年3月6日 家づくりのこと全て

家づくりについてよく調べている方は、なんとなくパッシブハウスの概念もご存じかもしれません。しかし「耳にしたことはあるけれど、正直よく分からない」という方が多いのではないでしょうか。

 

これから家を建てたい方に、ぜひ知っていただきたいパッシブハウスの要素。今回は具体的にどういうものなのか、パッシブ設計における大切な4つのポイントについて解説していきます。

 

関連記事/パッシブハウスってどんな家?建てる前に知っておきたいこと

 

ポイント1. 夏の日射遮蔽・冬の日射取得

パッシブハウスを簡単に説明すると、太陽や風などの自然エネルギーをうまくコントロールして設計する家のことです。

まず一つ目に、太陽の力をうまくコントロールすることがポイントになってきます。

 

太陽の高さは、季節によって変わります。夏は高い位置から照りつけ、冬は低い位置から差し込むイメージですね。

この高さの違いを計算して庇をつくることで「夏の日差しはさえぎりながら、冬は庇をくぐりぬけて家を暖める」ということができます。

 

また昼間、太陽がでているうちはうまく光を取り込むと、照明を使うのも最小限ですみます。

 

ポイント2. 高性能な窓

そして外から暑さや寒さをなるべく入れないために、大切なのが窓の性能です。

窓は家のなかで一番熱の出入りが激しい場所なので、建物の性能を上げたいときに窓の性能アップはとても近道なんです。

 

アルミサッシ+一枚ガラスではなく、樹脂サッシ+Low-E複層ガラスのような性能の高いものに。

また東西南北で窓の大きさや種類を使い分けるのもポイントです。同じガラスでも「断熱タイプ(暖かさを取り込む窓)」や「遮熱タイプ(熱を通しにくい窓)」があるので、場所によって種類を変えるなどします。

 

関連記事/Low-E複層ガラスとは?断熱・遮熱タイプの使い分け

 

ポイント3. 気密

家のムダな隙間をなくすことも重要です。家が隙間だらけだと冷暖房のロスが大きく、また効率のよい換気もできません。

 

家にどのくらい隙間があるかは設計段階ではなく、施工段階で「C値」というものを測定することでハッキリします。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

関連記事/気密検査って何?必要性やタイミングについて解説

 

ポイント4. 断熱

壁や床、天井の中に断熱材をしっかりと入れて、魔法瓶のように「暑さを入れない・寒さを入れない」ということも大切です。

 

kokageでは現行の省エネ基準より高い水準を採用しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

関連記事/HEAT20ってどんな基準?

 

日本の気候風土を利用する

パッシブ設計のポイントをお伝えしてきましたが、どれも理にかなっており特別なことではありませんよね?ハイテクな機械がなかった昔の家では「縁側には庇をつけよう」「自然素材で蓄熱、調湿しよう」と、あたりまえのように自然の力を使っていました。

 

近年は気候や方角をあまり意識をしないまま設計された家が少なくありませんが、パッシブ設計を基本におくことで、空調や機械の力もより効率的に活かせますよ。

 

次回はパッシブハウスのメリットについてお伝えします。

 

>> kokageの体験型モデルハウスのコンセプト

>>    kokageの家づくりのコンセプト

 

PICK UP
2020年5月29日 家づくりのこと全て
吹き抜けの掃除は大変?便利なグッズや掃除方法をご紹介

奈良のkokageの家づくりのこだわりは、自然光で明るくゆったりとした暮らしがおくれる、大きな窓を吹き抜けのあるリビング。高い天井で開放感があり、ここちよい自然光と風につつまれて、お茶を飲んだり読書をしたり家族でのんびりした時間を過ごせます…

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ