COLUMN

窓の役割とは?採光・採風以外にもある!

2021年7月19日 家づくりのこと全て

住まいに窓をつくるとき、「部屋を明るくしたいから、大きな窓がほしいな」「風通しをよくしたいから、2方向に窓がほしいな」と採光や採風を意識される方は多いですよね。しかし窓の役割は、採光・採風以外にもあります。そのほかの役割まで頭にいれて窓をつくると、もっと充実した暮らしが送れるかもしれません。

 

景色を楽しむ窓

参考/LIXIL

光と風を取り入れる以外の、窓の大きな役割が「眺望」です。

室内からみたときに、窓が額縁のように風景を切り取って、まるで一枚の絵画のように見せることができます。

 

和室から庭の四季折々の木々を見られるようにしたり、ダイニングテーブルから遠くの山々や隣の公園を眺められるようにしたり。

窓をひとつのデザインとして、暮らしの中に取り込んでみませんか?

参考/LIXIL

このとき大開口が良いのか、小さな窓をあしらう方がいいのか。スッキリとシンプルな窓枠がいいのか、装飾的なサッシを選ぶのか。

窓の方角やサイズ、デザインなどによっても、印象は大きく変わります。

 

外観を美しくする窓

参考/LIXIL

窓は家の中からだけでなく、外からも見えるもの。住まい自体の印象はもちろん、街並みに影響することもあります。

参考/LIXIL

家の外観を整った印象にするには、窓の高さやサイズをそろえるのが基本です。

間取りに合わせて、窓をポンポンと適当に配置していくと、外から見たときにごちゃごちゃとした印象に。

ときおりランダムな窓なのにどこか美しく見える家に遭遇することもありますが、ああいった家はランダムに見えて実は綿密な計算のうえで配置されています。

 

外と内とをつなぐ

参考/LIXIL

窓はお部屋の内と外とをつなぐ役割も担っています。

例えば小さなお子さんがいるご家庭では、公園へ行かなくてもバルコニーやお庭で遊べると便利ですよね。リビングとバルコニーがつながるようにデザインすれば、外で遊ぶお子さんを室内から見守ることができます。

参考/LIXIL

うまく窓をつくると、テラスやバルコニーまでお部屋の一部のように。

リビングが広がったような感覚になりますね。

バルコニーで本を読みながらくつろいだり、ご家族や友人とお酒を飲んだりと素敵な時間がすごせそうです。

 

まとめ

窓にはいろいろな役割がありますが、家の断熱性や建築費にも大きく影響する部分です。不要な窓はつくらず、必要な窓を効果的につくること、それはまさに設計士にとって腕の見せ所といっても良いでしょう。

 

kokageではより心地良く暮らせるような、効果的な窓づくりをご提案させていただきます。その家らしいオリジナリティな窓をつくりたい方は、ぜひご相談ください。

 

>> kokageの家づくりのコンセプト

>> kokageのモデルハウスを見る

 

PICK UP
2020年5月29日 家づくりのこと全て
吹き抜けの掃除は大変?便利なグッズや掃除方法をご紹介

奈良のkokageの家づくりのこだわりは、自然光で明るくゆったりとした暮らしがおくれる、大きな窓を吹き抜けのあるリビング。高い天井で開放感があり、ここちよい自然光と風につつまれて、お茶を飲んだり読書をしたり家族でのんびりした時間を過ごせます…

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ