COLUMN

ウィズコロナ時代の家づくりのアイディア

2021年2月8日 家づくりのこと全て

新型コロナによって、外出が減ったり、在宅勤務が増えたりと、ライフスタイルは大きく変化しましたよね。住まいづくりでも、新しい生活様式に合わせたアイディアを取り入れてみませんか?

 

>> 関連記事/『おうち時間』を楽しむ住まいのアイディア

 

玄関横のセカンド洗面

ウィズコロナ時代、まず気にしたいのが、家の中にウイルスを持ちこまないということ。

 

外出から帰ったとき、玄関から洗面所までの距離があると、手を洗うまでに照明スイッチやドアノブなど色々な場所を触ってしまうことになります。玄関横にセカンド洗面をつければ、家に帰ってすぐに手洗いうがいができますよ。

 

帰宅動線上に洗面があれば、お子さんも自然と手洗い習慣が身につきます。玄関の近くにコートやバッグなどの収納場所も設ければ、ウイルスを家の中に持ち込むリスクをさらに軽減できますね。コロナだけでなく、花粉やインフルエンザ対策としても有効です。

 

宅配ボックスやパントリー

なるべく買い物を控えるため、インターネット通販を利用される機会も増えたのではないでしょうか。配達員さんと顔を合わせずに荷物を受け取れる、宅配ボックスもニーズが高まっている設備の一つです。

 

また、買い物の回数を減らすため、まとめ買いの量が増えた方もいますよね。災害に対する備えとしても、食材や日用品をストックしておけるパントリーがあると便利です。賃貸マンションではなかなか収納スペースがとれなかったという方も、新しい家ではいざというときにしっかり備えておきましょう。

 

テレワークのスペースを確保

コロナの影響で新しく理想の家の条件に加わったのが、落ち着いて仕事できるワークスペースの確保。WEB会議などできるような書斎を持ちたいという方が非常に増えています。

 

夫婦共働きで二人とも在宅勤務というケースも少なくありません。もちろん個室が2つあればベストですが、難しければリビングの一角や小上がりの和室などにデスクを設ける方法も。注文住宅なら、ご家族の生活に合わせてつくることができます。

 

まとめ

これから家を建てるなら、ぜひ新しい生活様式に対応できるような間取りや設備を考えたいですね。

 

kokageではご家族と同じ目線に立って、「どんな暮らしがしたいのか?」「そのためにはどんな家づくりをするべきか?」本質から一緒にに考えさせていただきます。ぜひご家族の希望をお話ししてみてくださいね。

 

>> kokageの家づくりのコンセプト

>> kokageのモデルハウスを見る

PICK UP
2020年5月29日 家づくりのこと全て
吹き抜けの掃除は大変?便利なグッズや掃除方法をご紹介

奈良のkokageの家づくりのこだわりは、自然光で明るくゆったりとした暮らしがおくれる、大きな窓を吹き抜けのあるリビング。高い天井で開放感があり、ここちよい自然光と風につつまれて、お茶を飲んだり読書をしたり家族でのんびりした時間を過ごせます…

お電話からのお問い合わせの方はコチラ

営業時間 8:00〜18:00(定休日:不定休/年末年始)

メールからのお問い合わせの方はコチラ